インターネット通販と中古商品で現在のニーズに対応 「クラウンギアーズ」の安心サービス – Cyclist(サイクリスト)

Home » ショップ » ロードバイク・自転車 » インターネット通販と中古商品で現在のニーズに対応 「クラウンギアーズ」の安心サービス – Cyclist(サイクリスト)
ロードバイク・自転車 コメントはまだありません

 インターネット通販市場と、中古売買のリサイクル市場が活性化する近年、自転車市場でもこうしたサービスの需要が高まっている。「CROWN GEARS」(クラウンギアーズ)は、ネットを通じてロードバイク、パーツ、ウェアなどの買い取りや、新品と中古品の販売を展開している専門店だ。なかでも買取手続きは、店舗に持ち込まなくても、自宅からロードバイクを配送すれば成立するので便利。配送料は無料で、高年式のバイクには減額の心配がない定額の買取額が適用されるなど、ユーザーが申し込みやすい仕組みが整えられている。「価値ある中古商品」を販売することにもこだわっており、その根底にあるのは「安心」というキーワードだ。

入念かつ丁寧な整備を経て、買い取ったバイクが商品化される入念かつ丁寧な整備を経て、買い取ったバイクが商品化される

中古の売買を安心して利用できるように

東京都渋谷区にあるクラウンギアーズ唯一の店舗東京都渋谷区にあるクラウンギアーズ唯一の店舗

 クラウンギアーズは、カメラや時計などの中古品売買を広く手がける東証マザーズ上場企業の「シュッピン」による自転車向けサービス。ロードバイクの完成車やフレームをはじめ、ホイール、パーツ、ウェアやヘルメットなどの幅広いアイテムを、中古・新品ともに取り扱っている。

 特に中古商品については、インターネット取引の特性も踏まえ、ユーザーが安心して利用できるサービスを徹底している。自転車に限らず中古は品質が心配になるものだが、資格を持った整備士がをしっかり点検することで、新品に劣らない信頼性を確保しているという。さらに、購入を検討するユーザーのために、商品の状態がわかるよう各部の詳細な画像やスペックをウェブサイトに多数掲載して、実物を見られないことによる不安を取り除いている。

ウェブサイトに掲載するため、商品のスペックを詳細にチェックするウェブサイトに掲載するため、商品のスペックを詳細にチェックする
ヘルメットやウェアなど、アクセサリーもヘルメットやウェアなど、アクセサリーも

主要ブランドのバイク買取に定額を設定

このようにロードバイクを収納して、養生のための毛布をかぶせて梱包するこのようにロードバイクを収納して、養生のための毛布をかぶせて梱包する

 買取のロードバイクは、申し込みフォームで見積もりしてから、クラウンギアーズから送られてくるプラスチックの丈夫な梱包キットに収納して配送する。梱包キットの配送料は往復ともに無料だ。

 配送されたバイクは査定スタッフが見積もりを計算し、申し込み者に提示。その金額に納得できれば、クラウンギアーズから送金されて買取手続きが完了する。申し込み者が買取金額に納得できず返却を求めた場合、クラウンギアーズが送料を負担する。このように送料を気にせず査定に出せる仕組みなので、遠方に住んでいる人や、近所に買い取ってくれる店がない人にとっては心強い。

買取のロードバイクを配送するための梱包キット買取のロードバイクを配送するための梱包キット
クラウンギアーズはホイールの品ぞろえも豊富クラウンギアーズはホイールの品ぞろえも豊富

 また、主要ブランドの商品には独自の「ワンプライス買取」が適用される。これは一般的な買取店における「買取上限価格」や「参考買取価格」といった減額もあり得る制度とは異なり、インターネットで提示する金額そのままで買い取る仕組みだ。フレームに傷がついていても、購入してからどれだけ走っていても減額しないという。しかも、そのバイクがカスタマイズされてグレードの高いパーツがついていれば、買取価格が上がることもあるという。事前に買取金額が確定しているので、ユーザーは安心して売買を行うことができる。 ※「ワンプライス買取」はクラウンギアーズの指定商品に限る

店舗はショールームの役割も

 クラウンギアーズが心がけているのは、中古品をより価値あるものにする「リバリュー」だ。買い取った商品をそのまま“右から左へ流すリサイクル”とは異なり、例えばロードバイクの完成車を買い取って販売する場合、傷のついたカーボンフレームを修理したり、消耗したパーツを交換したりして価値を高め、入念に整備したうえで商品化。新品に遜色ない品質の商品も多数取り揃えている。また配送中の事故を防ぐために、ていねいに梱包し、購入者がすぐ乗れる状態で手元に届けるという。

 一方、千駄ヶ谷の店舗は、実際に商品を販売しているほか、実物を見ることができないインターネット販売に安心感を与えるショールームのような役割も果たしている。また、インターネットを利用する遠方のユーザーも、事務所や倉庫だけで買い取りをしている事業者とは違い、“顔が見える”サービスを展開することで安心して売買してもらうことにもつながっている。

 店舗を取り仕切っている笠井直人さんは、多数の商品が並ぶ店内を「きれいで、女性でも入りやすいようにしている。高級感があるけれど、敷居が高くならないようなバランス」に保っているという。

店内には中古、新品のロードバイクが並ぶ。実物を確認するショールームとしての機能もある店内には中古、新品のロードバイクが並ぶ。実物を確認するショールームとしての機能もある
査定や整備などを担当する笠井直人(左)らクラウンギアーズのスタッフ査定や整備などを担当する笠井直人(左)らクラウンギアーズのスタッフ

 また笠井さんは、取り扱う中古のロードバイクについて「買い取る時と、それを販売できる状態に商品化する時、そして実際に販売する時にもチェックしている」と、行き届いた品質管理をアピールした。さらに、「クルマの中古は当たり前に売買されているのと同様に、ロードバイクにも潜在需要は十分にある。そのニーズに応え、ロードバイクをもっと身近な存在にすることもわれわれの使命」と話している。

コメントを残す