ご当地アイドルがリデュースリユースリサイクル 3R協力呼び掛け 市原でごみ減量フェア – 千葉日報

Home » リデュース » ご当地アイドルがリデュースリユースリサイクル 3R協力呼び掛け 市原でごみ減量フェア – 千葉日報
リデュース コメントはまだありません



 ごみの減量などについて楽しみながら学べるイベント「市原市リサイクルフェア」が市役所市民広場などで開かれ、ご当地アイドル「コズミック767」が元気なライブパフォーマンスを通じ、3R(リデュース=物を大切に使いごみを減らすこと、リユース=使える物は繰り返し使うこと、リサイクル=ごみを資源として再び利用すること)への協力を呼び掛けた。

 10月の3R推進月間に合わせ、市が毎年開催しているイベントで、会場にはフリーマーケット約140店や3R推進団体の展示コーナーなどが一堂に。コズミック767は紙パックとトイレットペーパーを交換するブースにも立ち、リサイクルの大切さを訴えた。

 小型家電の解体や破砕、切断などの工程を間近で見られる工場見学バスツアーも盛況。市消防局講堂では小中学生の「ごみの減量とリサイクル」ポスター表彰式、緑のカーテンコンテスト表彰式、清掃事業感謝状贈呈式があり、多くの市民が栄誉に輝いた。

 被表彰者は次の通り。(敬称略)

 【「ごみの減量とリサイクル」ポスター】◇市長賞=大下優芽(有秋南小5年)◇教育長賞=金本菜摘(国分寺台中2年)◇優秀賞=日小田朱莉(牛久小1年)、渡辺結衣(同小5年)、林彩月(海上小4年)、林菜月(同小4年)、米川叶太(国分寺台小2年)、梅内花(同小4年)、内藤夢逢(国分寺台西小3年)、沖野智哉(同小5年)、永野遥子(白金小5年)、常住美友(鶴舞小6年)、小倉実穂(有秋西小6年)、野村来々奈(有秋南小3年)、白波瀬拓(若葉小6年)、木南涼葉(若宮小6年)、小野太誠(湿津中1年)、毛塚麻衣(国分寺台西中3年)

 【緑のカーテンコンテスト】◇家庭部門▽最優秀賞=漆田茂▽優秀賞=奥本康大▽佳作=榊枝ヒデ子、浦辺裕二◇店舗・事業所部門▽最優秀賞=不二サッシ千葉工場▽優秀賞=旭硝子千葉工場▽佳作=市立有秋公民館運営委員会、三井化学市原工場◇学校部門▽最優秀賞=石塚小▽優秀賞=八幡中▽佳作=有秋西小、若葉中

 【清掃事業功労者】◇地域の環境美化に貢献=知久弘、フレンドたつみ台西町会、畠山一秀、畠山法子、三井化学市原工場◇資源回収活動でリサイクルの推進に貢献=若宮7丁目町会、グリーンフェローズ古河、中高根たんぽぽ、牧園小PTA、田渕老人クラブ、市津学園◇長年にわたり一般廃棄物処理業に従事=伊東謙、河合秀幸、日野伝治、藤田祐介、安藤信彦、鶴岡真人、時田一夫





コメントを残す